ビューティ専科

***化粧品だけじゃなくて、内側からのケアが大切***
肌の弾力そのものは、化粧品だけではどうにもならない、ということが判明しました!
肌を作るためには、そのために必要な栄養分をからだの中から補給する必要があるそうで、それは食事やサプリなどで補っていくことで行うそうです。

たとえば、肌などを作るために必要なたんぱく質を作るために必ず使われるアミノ酸の中には、体内で合成できない物もあって、これについては毎日の食事でとるしか方法がないみたいです。
また、たんぱく質は肉や魚、卵や大豆製品などに含まれているために、それを減らしてしまうようなダイエットをする人や、野菜だけを食べている人は、たんぱく質が足りなくなってしまい、内側から肌を作る力が弱くなってしまうそうです。
私が今まで思っていたのは、「野菜をたっぷり食べれば肌にいい」と言うことでした。
でも、よく考えてみたら肌はたんぱく質でできていますよね。
肉や魚なども食べないと、肌をうまく作ることができない、と今は納得できます。

最近の私は「バランスよく食事をする」ことを心がけるようになったんです。
いままでは「美味しいものを食べたいだけ食べたい!」と言う気持ちが強かったんですが、どうも肌の調子があまりよくない気がしていました。
そこで、食事を見直すことを考えてみたんです。
特に注意したことは、「バランス」です。
何か一つのものに偏り過ぎないよう、色々な種類をなるべく食べるようにしたら、かなり肌が綺麗になっていったんです。
内側からのケアって大事だな、と実感しましたよ。

Copyright ©2014 ビューティ専科 All Rights Reserved.