ビューティ専科

***たんぱく質不足は美肌の敵***
肌にとってとても重要な情報を入手したので、ここに記載しておきます。

肉、そして魚、卵などは、どこかカロリーが高くて太ってしまうイメージがあって、あまり食べない、という女性は多いと思います。
ですが、このような食材にはたんぱく質が多く含まれているんです。

この栄養成分は、肌を作るために必要になる主な成分なんです。
それだけではなく、女性ホルモンの材料にもなるたんぱく質。

これが不足してしまうと、肌に大きなダメージが現れます。
だから、肉や魚、そして卵は毎日の食事でちゃんと食べるようにする必要があるんです。

それから、大豆もとても質の良いたんぱく質をたくさん含んでいます。
豆腐、それから納豆はカロリーも低いので、うれしい食材ですね。

また、たんぱく質が足りないと、肌だけでなく髪の毛までつやがなくなってしまいます。
毎食、最低でも1品はたんぱく質が含まれている食材を使うようにするとよいそうです。

たんぱく質に加えてとても大事なのが「緑黄色野菜」です。
ビタミンが豊富で、肌が老化してしまうことを防ぐ働きが高いです。
おすすめの摂り方は青汁。
普段、不足してしまいがちな栄養素をたっぷり含んでいます。

主に重要となるビタミンの働きは、
ビタミンA:緑黄色野菜に含まれている「カロテン」は、体の中でビタミンAに変わります。
肌の乾燥や肌荒れを防ぎます。
ビタミンB群:なかでもビタミンB6が、肌にとって大切な栄養成分です。
ビタミンC:シミをふせぎ、さらに有害な物質を体外に排出する効果も持っています。
たくさん摂っても体に蓄えておくことが出来ないため、継続してこまめに摂り続けていく必要があります。
ビタミンE:新陳代謝をよくして、女性ホルモンのバランスを整える効果もあります。

私は、肌には緑黄色野菜がいい、とは知っていましたが、具体的に含まれているビタミンがどんな働きを持っているかを知っておくと、積極的に食べよう、と言う気持ちになりました。

Copyright ©2014 ビューティ専科 All Rights Reserved.